ニュース
2021-03-19

珈琲の香りの効果:上野毛の訪問看護理学療法士がまとめてみました。

皆さんこんにちわ。Lo.Co.訪問看護 理学療法士 伊藤です。

私は無類の珈琲好きで、自宅で珈琲豆を挽いてから作るほどです。

それもあってかよく他のスタッフからおいしいカフェや珈琲を見つけては報告を受けています(笑)

よく珈琲の香りにはリラックス効果があるといわれているので、記事にしてみます。

珈琲の香りがもたらす人体への影響

人が心身ともにリラックスした状態の時に発する脳波のことをα波といいます。

どうやら珈琲にはα波を出現させる効果があるようなのです。

このα波は心身の健康に良い影響を及ぼすといわれており、最近では能力開発やストレス解消への効果が期待されています。

珈琲豆の種類による効果の違い

珈琲豆にはグアテマラやマンデリンなど多くの種類がありますが、実はそれぞれリラックス効果の指標とされるα波の数値に違いがあると報告されています。

下記の文献ではコーヒー豆6種を選び、脳波の分析によって豆の種類による効果の差異を検討しています。

結果として、もっともα波を出現させたのは「グアテマラ」となっています。また、今回の研究から珈琲の中には逆にα波を低下させるものがあるという興味深い結果も得られました。

 

まとめ

珈琲を飲むことで得られるリラックス効果は確かに立証されており、特に効果として有用性のあるのは「グアテマラ」という種類になります。

私は今後、使用用途に応じて珈琲の種類が大別化される時代も到来するのではないかと考えています。

 

国際生命情報科学会誌|香りが脳機能に与える効果|古賀 良彦