ニュース
2020-12-17

訪問看護師の導入方法

訪問看護師の導入方法

在宅医療の強い味方、訪問看護師

ご自宅で病気や障害を抱えて生活する人々にとってなくてはならない存在です。

 

彼らが医療機関とご自宅とを結び橋渡しになることにより、ご自宅での生活が安心・安全なものとなります。

ですが、実際のところ訪問看護師についてあまり知らない人が多くいらっしゃいます。

訪問看護って何?

訪問看護とは、看護師がお宅に訪問して、その方の病気や障がいに応じた看護を行うことです。健康状態の悪化防止や、回復に向けてお手伝いします。
主治医の指示を受け、病院と同じような医療処置も行います。自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。(公益財団法人日本訪問看護財団HPより)

具体的な内容としては、
健康状態の観察、病状悪化の防止・回復、療養生活の相談とアドバイス、リハビリテーション、点滴、注射などの医療処置、痛みの軽減や服薬管理、緊急時の対応、主治医・ケアマネジャー・薬剤師・歯科医師との連携などです。

どうしたら来てくれるの?

よく、”どうやったら訪問看護師が来てくれるのだろうか”という声を多くいただきます。

また在宅福祉でのプロフェッショナル、ケアマネージャーさんの中にも導入方法について頭を悩ませる方が多くいらっしゃるのを伺っております。

そこで今回はLo.Co.訪問看護大泉で行っている訪問看護師の導入方法について簡単にご説明致します!!!

まず、訪問看護の導入方法には3つ経路があります。

①主治医からの訪問看護師の依頼

▶これは病院や在宅診療所など医療機関に所属している医師(主治医)から、訪問看護ステーションに依頼がある。※この際、介護保険だとケアマネージャーを介し、医療保険だと直接依頼となります。

 

②ケアマネージャーからの訪問看護師の依頼

▶介護保険の認定を持っている方が介護サービスを利用するとなった際、その必要性に応じて担当のケアマネージャーさんから訪問看護ステーションに依頼があります。

 

③ご本人・ご家族からの訪問看護師の依頼

▶②と同じく、介護保険の認定を持っている方が訪問看護師に来てほしいと希望があった時にサービスの開始となり、ケアマネージャーから訪問看護ステーションに依頼があります。(ここの訪問看護ステーションに来てほしいと指名があった場合も可能)

 

【導入できる例】

・退院後も医療的な処置や状態の管理が継続的に必要な場合

尿道留置カテーテルやストーマ(人工肛門)の管理、服薬管理などそれ自体がご本人のお体の状態管理をしていく上で必要不可欠

 

・リハビリテーションが必要な場合

リハビリと聞くと理学療法士や作業療法士などがイメージが湧きやすいですが、訪問看護の中で可動域や筋力増強しADL向上のためのリハビリテーションを行うことができます。

 

・精神疾患を抱える方への在宅支援

うつや統合失調症など精神疾患では精神領域の研修を終えた看護師または作業療法士がお家へ伺いご自宅での生活を支援できます。※理学療法士、言語聴覚士は入ることができない。

当法人では精神領域の研修を終えた看護師が複数在籍しています。

 

・高齢者の一人暮らしの支援

訪問看護では緊急訪問看護加算を付けることで24時間365日、訪問看護に伺っている方の心身をサポートすることができます。基本的にはいつでも繋がる電話番号を患者様に配布し、緊急時に備えています。状態によってはご自宅へ直接訪問します。

Lo.Co.訪問看護大泉では高齢者の暮らしを最大限サポートするため、付けさせていただくことを強く推奨しています。

 

高齢者の強い味方!?訪問看護

ある程度、条件はありますがご自宅に看護師が定期的に伺うことでご本人やご家族の負担は非常に軽減されるのではないでしょうか?

最近では孤独死した人の約71%が65歳以上の高齢者というデータもあるようです。

Lo.Co.訪問看護ではお客様ひとりひとりに寄り添った看護を行っており、利用者がご家族から離れたところでも安心して生活できるようサポートさせていただきます。